当サイトについて

ヘルペスウイルスに感染すると場所によって性器ヘルペスや口唇ヘルペスといったように、症状が出てきます。このヘルペスは身近でありながら、多くの人が意識の外に置いているように思います。このヘルペスについて、ここでは原因や薬、再発の有無など、みなさんが気になる部分について整理して紹介していこうと思います。

ヘルペスについて考えている男女

淋病の症状、感染経路、治療法

淋病は淋菌と呼ばれる種類の細菌が原因で起こる病気で、感染すると男性であれば2日程度の潜伏期間を経て症状が現れます。
排尿時に尿道に違和感を感じたり灼熱感を感じることや黄色い膿が出ることもあり、痛みを伴うこともあります。
これは尿道が淋菌により炎症を起こしているからで、痛みにより排尿が困難なケースも見られます。
女性の場合、おりものの増加や性器の腫れ、炎症が起こり、おりものに血や膿が混ざる現象が見られます。
ただ、女性の場合、症状が出ないケースもあります。

淋病の感染経路は性行為が挙げられます。
淋菌自体は非常に感染力が弱く、適度な温度と湿度が保たれている環境でしか生き延びることができません。
性器だけでなく、喉にも感染することもあり、喉に感染した場合には咽頭炎を起こす可能性があります。

淋病は感染してそのままにしておくと体内に侵入していき、さまざまな影響を与え、重篤化するケースも見受けられます。
淋病は細菌が原因なので薬を使用することで治療することが可能です。
治療方法としては抗生物質の服用が基本です。
処方される薬のひとつにレボクインが挙げられます。
レボクインはクラビットと呼ばれる抗生物質のジェネリック医薬品で、強い抗菌作用があります。
細菌のたんぱく質の合成を阻害する働きがあることから、菌の増殖を抑制することができ、炎症を鎮めることが可能であり、ジェネリック医薬品なので安価であることも特徴です。

レボクインは服用すると血液中に長期間とどまることので一定期間効果が持続する特徴を生かすために規定量を一気に服用して経過観察をする治療方法が選択されます。
ただ、服用することによる副作用のリスクもあリ、起こりうる副作用としては下痢や腹痛です。
そのため、消化器が弱い場合には事前に医師にその旨を伝えて、服用する分量を変更しておくことが大事です。
また、途中で服用をやめるのではなく、支持された分量を飲み切ることがポイントです。

淋病にはこの薬!レボクイン

レボクインは強い殺菌作用を持つ抗菌薬で、淋病などの感染症治療に使用されます。
淋病は淋菌の感染によってもたらされるものなので抗菌薬が有効というわけです。
淋病の症状には激しい尿道炎があり膿が出て尿の回数が増えることなどがあります。
感染経路として主なものは性行為によるものがほとんどで、性器・喉・肛門に加えて目から感染します。
そのため通常の性行為以外を行う場合にも感染をリスクがあることを理解しておかねばなりません。
しかし女性に自覚症状が現れにくいことから危機管理を怠ってしまうこともあります。

そこで感染してしまった場合にはレボクインを使うことで、短期間で症状を淋病を治すことができます。
レボクインはレボフロキサシンを有効成分としているニューキノロン系の抗菌薬のため、殺菌力が非常に強く細菌を直接攻撃します。
そのため細菌を弱らせる効果の薬と異なり症状の改善が早いです。

そんな強力な効果を持つレボクインは人気の理由として副作用が少ないということが挙げられます。
副作用はあったとしても胃痛・下痢・嘔吐ほどのもので稀に頭痛やめまいなどの症状が報告されていますが、用法用量をしっかりと守って服用していた場合には重度の副作用リスクは低いです。
またジェネリック薬品のため安価で購入できることも要因でしょう。

使用上の注意には服用期間をしっかり守ることがあります。
症状が軽くなったからといって薬を飲むことを止めてしまうと耐性菌という細菌が生まれてしまうことがあるので、決められた期間服用しましょう。
また早めの治療が重要で細菌が増殖する前に薬を飲むことで短い期間で完治させることが出来ます。
淋病などの性病に感染してしまったからといって恥ずかしがっていると、いまでたっても治ることはありませんので治療はすぐに行うことをお勧めします。