当サイトについて

ヘルペスウイルスに感染すると場所によって性器ヘルペスや口唇ヘルペスといったように、症状が出てきます。このヘルペスは身近でありながら、多くの人が意識の外に置いているように思います。このヘルペスについて、ここでは原因や薬、再発の有無など、みなさんが気になる部分について整理して紹介していこうと思います。

ヘルペスについて考えている男女

ヘルペスの薬バルトレックス(バラシクロビル)とは

バルトレックスは、主に単純疱疹(単純ヘルペス)、帯状疱疹、水痘の治療用の内服薬で、抗ウイルス薬に分類されます。
バルトレックスの良いとして、ムズムズ感やピリピリ感などヘルペスが出来そうと感じた時に服用することで、水疱が出来るのを予防する効果が挙げられます。
これはウイルスの増殖を抑える働きがあるためです。
水疱が出来てしまったら見た目にも不快感がありますが、ヘルペスかもしれないと気づいたら早めに内服することでウィルスの増幅を最小限に抑えることが出来ます。

バルトレックスの主成分はバラシクロビル塩酸塩です。
バルトレックスはグラクソスミスクラインから販売されています。

単純疱疹(ヘルペス)の場合、1回1錠を1日2回服用します。
バルトレックスは、1日の服用回数が少なく患者にとってはありがたいと言えます。
服用中は普段より多めに水分をとりましょう。また、医師は1回の処方につき、5日間分しか処方することはできません。
薬価は1錠あたり405円ですが、ジェネリックを選択した場合は、半額ぐらいの値段になります。
これは新薬と後発薬の薬価の違いによるものです。ただし主成分・効能には違いはありません。

バルトレックスは副作用は少ないと言われておりますが、主な副作用としましては、頭痛、眠気、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、腹痛、腹部不快感、蕁麻疹、発疹、かゆみなどが報告されています。
服用後、上記異変を感じた場合は、担当の医師または薬剤師に相談が必要です。
また、バルトレックス服用時はアルコールの摂取は控えた方が賢明です。

併用禁忌の薬としては、これらの薬があります。

  • 痛風の薬プロベネシド(商品名:ベネシッド)
  • 胃酸抑制薬のシメチジン(商品名:タガメット)
  • 免疫抑制薬のミコフェノール酸モフェチル
  • 気管支拡張薬のテオフィリン(商品名:テオドール)

上記だけには限りませんので、注意しましょう。
ヘルペスが治まったからと言って服用を止めず、処方された分を飲み切ることで、ウィルスを撃退することが出来ます。

バルトレックスのジェネリック医薬品の薬価

ヘルペスに有効な薬であるバルトレックスの薬価は、500ミリグラムの錠剤1錠で405.6円です。
バルトレックス顆粒50%の場合は422.1円です。
これは少し高い値段となります。
ただし、後発医薬品であるジェネリック医薬品で主成分がバラシクロビル塩酸塩の物は存在していて、そちらなら約半分の薬価になります。

バルトレックスはグラクソスミスクラインがメーカーですが、ジェネリック医薬品は別のメーカーが製造しています。
具体的には、パラシクロビル50mgの場合はサワイ製薬の場合は薬価が188.8円です。
バラシクロビル50%の場合は例えば明治が販売していますが、240.6円となります。

このように、ジェネリックの場合は成分が同じであるにもかかわらず費用を半分以下に抑えることが可能です。
これは医療費の節約になるため、もしバルトレックスを処方されている方で、薬代を抑えたい場合は、効果はほとんど変わらないのでジェネリックを処方してもらうように医師に相談してみると良いでしょう。
国の方でも保険料を抑制しようと考えているため、ジェネリックを利用することを推進しています。

ヘルペスの恐れがある場合は、早めに病院へ行く必要があります。
そして、処方をしてもらって薬を飲むのが一番安全な方法です。ただし、処方薬を個人輸入でも購入することは可能です。
この場合、さらに安く購入できます。最近はネットを使ってまるでネット通販のように個人輸入をできるサイトもあるため、そちらに目が向く方も多いです。

個人輸入を自己使用目的で少量行うことは法律では禁止されていないため、利用すること自体は合法です。
しかし、医師の処方ではないため、副作用があったときなどは自己責任なので、使うならその点には注意しておきましょう。