当サイトについて

ヘルペスウイルスに感染すると場所によって性器ヘルペスや口唇ヘルペスといったように、症状が出てきます。このヘルペスは身近でありながら、多くの人が意識の外に置いているように思います。このヘルペスについて、ここでは原因や薬、再発の有無など、みなさんが気になる部分について整理して紹介していこうと思います。

ヘルペスについて考えている男女

ヘルペスの薬ゾビラックス(アシクロビル)とは

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染されることにより発症する感染症で、世界には約160種類が存在するとされています。
そのうち人に感染するのは8種類で、一般的にヘルペスとして引き起こすのは単純ヘルペス1型という角膜ヘルペスなどです。
単純ヘルペス2型には性器ヘルペスなどがあり、水痘・帯状疱疹ウイルスは帯状疱疹や水疱瘡を発症します。
感染の原因が性行為だけとは限らないので、それぞれの種類によって感染する過程は異なってきます。

ゾビラックスはヘルペスや帯状疱疹などを抑える抗ウイルス薬で、性器や角膜、帯状疱疹や水疱瘡などに効果的です。
これらが発症してから早い段階において服用することで回復を早めることができます。
有効成分は「アシクロビル」で抗ウイルス作用により、ウイルスの生合成を阻止したり増殖を最小限に抑えることが可能です。
1日に5回飲むことになりますが、他の薬と同じような効果や効能を得ることができます。
ゾビラックスを使って性器ヘルペスを治療するなら、5日間継続的な服用から鎮静化することが可能です。

治癒までの期間としては重い初期感染の場合は1~2週間ぐらいで治療することができますが、程度によって酷いものでも1週間以内に治療することができるでしょう。
ゾビラックスにウイルスに対して確実な効果が期待することができますが、服用するタイミングが遅れると有意な効果が得られないことがあるので注意が必要です。
基本的に発症してから6時間以内に服用することが望ましく、24時間以内の服用が必要になります。

ゾビラックスを服用するタイミングが早いとその分効果は高く現れるでしょう。
いくつか副作用があるので説明書などを確認してから服用することをおすすめします。
インターネットを利用すると格安で購入することができたり、ジェネリック医薬品も注文することができるのでコストを抑えて購入することが可能です。
さまざまな薬剤サイトが存在するので好きなサイトを選択することができます。

ゾビラックスにはジェネリック医薬品もある?

ゾビラックスは高い効果を発揮するヘルペスの薬で、有効成分アシクロビルを使ったジェネリック医薬品も登場しており、多くの製薬メーカーによって製造販売されています。
ジェネリックは先発医薬品であるゾビラックスの特許が切れたのちに別の製薬メーカーがまったく同じ成分であるアシクロビルを使って自社製品として錠剤や顆粒などにします。
成分そのものの有効性や副作用の有無といった安全性などは先発薬を開発したメーカーが研究開発する過程で実験や検証を行っています。
そのため費用がかかっていないぶん、先発よりも安価な製品として販売することが可能になっています。

ヘルペス治療への有効性や安全性が先発薬として明らかになっているゾビラックスのジェネリックも、すでに先発で証明されている有効成分アシクロビルの効果効能のおかげで効き目は確かで、ゾビラックスよりも安価に購入できます。
ジェネリックは先発よりも効果が今一つではないかという懸念を抱く向きもあります。
先発と同じ効果効能で安全性にも問題が無いと国が認可しなければ製造販売できないため、現在販売されているジェネリックは安心して服用できる薬ばかりです。

先発のゾビラックスとジェネリックとで効き目に違いは無いとされています。
有効成分アシクロビルはまったく同じでも錠剤や顆粒、シロップなどに製造する過程で各メーカーが利用する添加物に違いがあるため、効果があらわれるまでの時間に差が出て来るなど効き方に違いがみられることがあります。
錠剤にする際トウモロコシでんぷんやジャガイモでんぷん等が使われたりします。
それらにアレルギーがある場合は別のメーカーのジェネリックに変えてもらう必要があるなど、体質によっては副作用を少しでも抑えるよう気を配る必要もあります。