当サイトについて

ヘルペスウイルスに感染すると場所によって性器ヘルペスや口唇ヘルペスといったように、症状が出てきます。このヘルペスは身近でありながら、多くの人が意識の外に置いているように思います。このヘルペスについて、ここでは原因や薬、再発の有無など、みなさんが気になる部分について整理して紹介していこうと思います。

ヘルペスについて考えている男女

トリコモナスの症状、感染経路、治療法

トリコモナス症は、トリコモナス原虫に感染することによって発症する性病です。
男性は尿道炎や前立腺炎、女性は膣炎を引き起こします。
時に、トリコモナス症は女性に多いことから、膣トリコモナス症やトリコモナス膣炎と呼ばれることもある性病です。
主な感染経路は性行為です。
トリコモナス症は治療を行わないと増殖を続け、生殖器の炎症がひどくなってしまいます。
男性は自然に治癒することもありますが、女性の場合は感染するとまず自然に治癒することはないので、治療を行わなければなりません。

トリコモナス原虫は、グリコーゲンを活発に消費することから、糖やグリコーゲンが多く存在している性的に成熟した女性の膣内に好んで寄生する傾向があります。
トリコモナス原虫そのものは酸性環境や乾燥に弱いことが特徴です。
そのため、主に性行為によって感染すると考えることができます。ただし、トリコモナスは性行為が無くとも感染する稀な性病です。

トリコモナス原虫は水中、あるいは水分がある環境下では一定期間生存することができます。
そのため、極稀にではありますが、性交経験のない女性やこどもであっても家庭内や温泉施設、プールなどで感染する可能性があります。
感染者が使用した濡れたタオルや下着などに触れることで感染するので注意が必要です。
主な感染経路は性行為であるため、性行為以外で感染する確率は低いです。
感染を予防するためには、できるだけ感染者と接触しないようにすることが大切となります。

主な症状は男性女性ともに炎症症状が起こります。
女性の場合、外陰部の痒みや灼熱感を感じるようになり、悪臭の強い黄緑色の泡立ったおりものが出るようになります。
一方、男性の場合は症状が出にくいですが排尿痛や尿道から膿のような分泌液が出るなどの症状があらわれます。
トリコモナスの代表的な治療方法としては、女性の場合、膣錠や軟膏による治療だけではなく、内服薬による治療がなされることが多いです。
男性の場合は、内服薬に治療が主な治療方法となります。

トリコモナスにはこの薬!フラジール

トリコモナス症にはフラジールという通販で人気の治療薬が非常に効果的です。
フラジールはメトロニダゾールという成分を主成分としたトリコモナス症の特効薬です。
古くからトリコモナス症の第一選択薬として活用されているため安心して使用することができます。
フラジールは原虫や細菌を駆除する効果があります。

内服薬タイプのものだけではなく、膣に直接作用させることができる膣錠もあります。
フラジールは、トリコモナス原虫に対して殺虫的に作用します。
トリコモナス原虫がいなくなれば、それによって発生していた不快な症状もなくなります。
ただし、症状が無くなっても一定期間フラジールによる治療を続けるようにすることが大切です。

なぜなら、トリコモナス症の主な症状が無くなったとしてもトリコモナス原虫がまだ存在している可能性があるからです。
そのため、暫くの間は治療を続けるようにすることが大切です。
途中で治療を止めてしまうと、トリコモナス症が再発する可能性もあるので注意が必要です。
トリコモナス症の場合、フラジールは10日間服用します。

フラジールの副作用は少ない方ですが、稀に食欲不振・胃の不快感・吐き気などが発生する場合があります。
大量あるいは長期服用においては、末梢神経障害や中枢神経障害を起こしやすくなります。
手足の痺れやピリピリ感などを感じた場合には、専門的な医師や薬剤師に相談することが大切です。
ただし、このような症状は非常に稀であるため、フラジールは安心して使うことができる薬と言えます。
また、肝機能障害がある方がフラジールを使用すると血中濃度が上昇しやすくなってしまうため、慎重に使用する必要があります。
用法用量を守って正しく使用することが大切です。